心の病気で悩んでいる人にはぬいぐるみを抱きしめるのがお勧めです

サイトメニュー

どんな症状に効果的か

女性と看護師

効果的な治療方法

うつ病を改善するのにアロマセラピーやアニマルセラピーは、多くの人に知られています。その中にぬいぐるみを使ったぬいぐるみ療法があります。ぬいぐるみというと、子供のおもちゃなのではと考えている方もいますが、ぬいぐるみが大人に対して癒し効果があることはさまざまな研究で分かって来ています。人間は、何かに触れることで癒されると考えられています。ぬいぐるみを抱きしめることで人は癒されるのです。抱きしめるだけではなく、自分の見える位置に置いてぬいぐるみに話しかけるだけで人は癒されて行きます。ぬいぐるみ療法に使うぬいぐるみは、触り心地のいい物の方が人は心が癒やされます。また治療を受ける人にとって好きなキャラクターのぬいぐるみの方が、癒しの効果があります。どのぬいぐるみを選ぶのかは、多くの種類がありますからどのぬいぐるみにするのかは難しいです。しかし、ぬいぐるみを治療を受ける人が見た時に、いいイメージを持つことが出来るキャラクターを選ぶことです。またぬいぐるみの大きさですが、大きなぬいぐるみだと安心感がありますし、キーホルダーサイズの小さな物なら外出した時に持って歩けるメリットがあります。その人の生活に合ったぬいぐるみのサイズを選ぶことが大切です。
ぬいぐるみ療法は、うつ病などの症状のある人施術することで効果があります。不安感を抱いている時に、ぬいぐるみを抱きしめることで、それまで抱いていた不安な感情が解消されて行きます。また自分自身の寂しい気持ちや、いたたまれない気持ちを抱いている時に両手で、ぬいぐるみを抱きしめるだけで気持ちが癒やされます。ぬいぐるみ療法は、うつ病などの症状を抱える人に癒しの効果を与えるだけではなく、気持ちを落ち着かせる効果もあります。また不安を抱いた時に、ぬいぐるみを抱きしめるだけではなく、ゆっくりと深呼吸をしてぬいぐるみを撫でたり話しかけるだけで気持ちは落ち着くはずです。子供の頃には、自然に抱きしめることが出来ていたぬいぐるみも大人になると、大人だからという理由で抱きしめることがなくなります。しかし、心に不安を感じたりうつ病の人には、ぬいぐるみを抱きしめたり話しかけたりするぬいぐるみ療法は癒しの効果があります。ただしぬいぐるみ療法に使用するぬいぐるみですが、昔に悪い記憶がありその時代のぬいぐるみを使うと悪い記憶が蘇ってしまうので、その場合には違ったぬいぐるみを使った方がいいです。その人の症状に合ったぬいぐるみを使うことが大切です。