心の病気で悩んでいる人にはぬいぐるみを抱きしめるのがお勧めです

サイトメニュー

気を付けたいこととは

悩む男性

うまく活用すると高い効果も

これからぬいぐるみ療法をやってみようと言う人は、まずはぬいぐるみを用意してください。すでに、お気に入りのぬいぐるみを持っている人はそれを使えばいいのですが、持っていない人は新しく購入する必要があります。ここで気を付けたいことがあり、どんなぬいぐるみを選べば良いのかと言うことです。ぬいぐるみ選びをうまくできれば効果が高くなりますが、良い選び方ができないと効果が高くはならなくなります。たくさんのぬいぐるみがある中で、選びたいのは明るい表情をしていたり優しいキャラクターが良いです。動物のぬいぐるみでももちろん構いません。しかし、表情があまり明るくはなく、ネガティブなキャラクターであったり悪者を選んでしまうとあまり効果を感じられない可能性があります。他にもぬいぐるみの大きさにも着目する必要があります。大きなぬいぐるみを使うと自分が包まれているような感じがしますので、とてもリラックス効果が高くなります。抱き枕であれば、抱きしめやすいですし寝ている時にも一緒にいられます。小さいぬいぐるみならば持ち運ぶことができますから常に精神的に安定させられます。ぬいぐるみ療法で使うぬいぐるみ選びに気を付けることでその効果を高めたり下げたりするので気を付けましょう。
ぬいぐるみを抱きしめたことがある人はとても多いのではないでしょうか。子供のころに抱きしめたことがある人が多いかもしれませんが、大人になってから抱きしめてみるのも良いものです。子供のものと言うイメージが強いぬいぐるみですが、ぬいぐるみ療法は大人に良い方法です。ただ、ぬいぐるみを抱きしめるだけなのに、とてもホッとして気持ちが落ち着いてくると感じませんか。柔らかくて、とても可愛らしい表情をしているぬいぐるみに癒してもらえます。ぬいぐるみの表情が明るいと自分も笑顔になったり、触り心地が良いとそれだけで精神的にも前向きになれます。触覚はとても重要なので、最近では触り心地に特化したぬいぐるみも多数販売されています。最近はとても香りの良い柔軟剤などが販売されていますので、ぬいぐるみ療法に使うぬいぐるみをこのようなもので洗ってみてください。子供のころからのお気に入りのぬいぐるみならば、昔と同じ匂いを付けると良いです。すると、香りをかぐことでリラックス効果を得ることもできます。アロマテラピーがあるように、香りによってリラックスできます。昔の匂いをかいで、子供のころの楽しかった日々のことを回想することもできるのでとても効果的です。