心の病気で悩んでいる人にはぬいぐるみを抱きしめるのがお勧めです

サイトメニュー

ぬいぐるみが与える影響

悩む男性

ぬいぐるみが心の支えになる

ぬいぐるみ療法が注目されている背景は、若い世代で増えているうつ病改善に効果があるからです。うつ病というのはストレスによって精神に大きな負担がかかり、脳内活動のバランスが完全に崩れて気分が上向かない状態になることです。これを放置すると無気力状態が続くことで日常生活が破たんするだけでなく、最終的には自身で命を絶つという悲しい出来事を起こす可能性があります。うつ病は精神的な病ではあるのですが、これまでは心が弱いという印象のため偏見の目で見られていた歴史があります。しかし精神的ゆとりのない社会になったことで、このうつ病発症件数が増えてしまったことから現在では厳然たる病として扱われるようになっているのです。この病気の厄介なところは今のところ薬を飲んで脳の異常な活動を抑えつつ、単純にストレスから離れて生活のリズムを整える以外に効果的な治療法がないという点になります。本人は心が苦しいのに治すのに時間がかかると、余計に心に負担をかけてしまいます。そこで考案されたのがぬいぐるみ療法であり、ぬいぐるみというのは動物をかたどった人形ではあるのですがこれがうつ病に効果を発揮します。それはうつ病の根本的な原因は様々な理由で心が苦しいのに、それを打ち明けられる存在がないため貯めこんでしまうことです。逆に言えば、その貯めこんだものを吐き出せる相手がいれば治りが早くなることを意味するのです。
ぬいぐるみ療法の準備は、単純に百貨店などからぬいぐるみを購入して用意するだけです。ぬいぐるみが用意できたら後は、そのぬいぐるみを自身の手で持って話しかけます。例えば朝にはおはようと声をかけ、そして夜にはおやすみといいます。そして起床時と就寝時には、そのぬいぐるみを抱きしめたりまた頬にあてたりするなどスキンシップを行いながら眠ります。これらの一連の行動を、1日数回を目安に必ず行います。なぜぬいぐるみが硬化があるのかというと、それはぬいぐるみは何も話さないため自分自身を投影することができるからです。うつ病患者になってしまうのは、多大なストレスによって自分自身を見失ってしまうことで発症してしまいます。そこでぬいぐるみを見失ってしまっている自分を投影することによって、ぬいぐるみに話しかけると言葉は帰っては来ないですがしっかりと自身の内情を聞いてくれる感覚になってきます。自身の内情をぬいぐるみ相手ですが、しっかりと話すことができれば安心感が生まれ自信を取り戻すことにつながるのです。その上で先に言った話しかけるやスキンシップをすることによって、自分は誰かに頼られているという自信がつくため心に充実感が生まれます。これを何度も繰り返すことで、ぬいぐるみ療法はうつ病に対して効果を発揮する理由になるのです。