心の病気で悩んでいる人にはぬいぐるみを抱きしめるのがお勧めです

サイトメニュー

ぬいぐるみで心が楽に

聴診器

ぬいぐるみが持つ癒しの力

大人になってからぬいぐるみをギュッと抱きしめるとなると、男性だけではなく女性であっても子供みたいなイメージがあるかもしれません。しかし、心の病などで精神的に落ち込んでしまったり、自信が持てなかったりするのであれば、ぬいぐるみ療法が有効です。名前にある通りで、ぬいぐるみを使って心を癒していくという治療法です。こういう方法で行わなくてはいけないと言うことではなく、ぬいぐるみとスキンシップを取ることで、孤独や不安を解消したり、自分自身で自分の心を抱きしめる効果が期待できます。幼少期に何かトラウマになるようなことを経験したことがある人にとってもぬいぐるみ療法はかなり有効です。アダルトチルドレンと呼ばれている人がぬいぐるみを抱きしめることで、過去の自分を抱きしめることができ、癒されると言われています。アダルトチルドレンの人にはうつ病の人が多いと言われていますし、ぬいぐるみ療法自体がうつ病に効果的です。お気に入りのぬいぐるみを抱きしめたり、臭いをかいだりするだけで癒し効果があるためです。ずっと気分が落ち込んでおり、前向きな気持ちになれないようであれば、お気に入りのぬいぐるみを抱きしめる等してみると良いかもしれません。
こうしなくてはいけないというマナーがあるわけではありませんので、気楽な気持ちで取り組んで構いません。まずは、お気に入りのぬいぐるみを抱きしめるのですが、子供のころに遊んでいたぬいぐるみがあればそれを使って構いません。そう言うお気に入りのぬいぐるみがない場合は、新しいぬいぐるみを買ってきましょう。好きなキャラクターがあればそのキャラクターのぬいぐるみで良いですが、特に好きなキャラクターがない場合はかわいかったり、好きな色で選んで見ると良いでしょう。ぬいぐるみ療法で使うぬいぐるみに決まった色があるわけではありませんが、迷った際には薄い色を選ぶと良いです。濃い色よりも薄い色の方が癒し効果が期待できるので、薄い色のぬいぐるみにしましょう。色だけではなく、触った時に柔らかくて気持ちいいぬいぐるみの方が癒し効果が高くなります。最近は、触り心地を重視したぬいぐるみがたくさんで回っているので、そう言うものを選ぶと良いかもしれません。決まりがあるわけではないので、ぬいぐるみ療法はうつ病などの心の病などを患っている人にピッタリです。ただ、抱きしめたい時に抱きしめたり、臭いをかぎたい時にかぐなどして、リラックスできれば十分です。これを繰り返すうちに心が楽になるでしょう。